ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー


linux:dhcp-server-dnsmasq

dnsmasq で DHCP サーバー

最近、ネットワークの接続が不安定になった。つながっていたものが、突然インターネットに接続できなくなったりする。

NEC の無線LANルーターを使っているが、DHCP のリソースが足りなくなったのかもしれない。過去にもそのようなことに、別の環境で遭遇したことがある。NEC の無線LANルーターは、DHCP のリソースが Buffalo より少なかったことが原因だった。

ということで、原因はよくわからないが、DHCP のリソース不足の不安を解消するために、NECの無線LANルーター の DHCP サーバーを使うのをやめて、自前サーバーで DHCP サーバーを動かすことにした。

ISC-DHCP が有名というかよく使われるらしいが、DNS のために dnsmasq を動かしているので、そのまま DHCP も dnsmasq で動かしてしまおう。

1. /etc/dnsmasq.conf の設定

  1. domain-needed のコメントを外した

  2. bogus-priv のコメントを外した

  3. dhcp-range を設定

    例. “ dhcp-range=10.56.90.100,10.56.90.254,12h ”

    こんな感じ。

  4. dhcp-option=option:router を設定

    例. “ dhcp-option=option:router,10.56.90.1 ”

  5. 同様に、netmask, dns-server, dhcp-leasefile を設定。

    例. “ dhcp-option=option:netmask,255.255.255.0 “
      ” dhcp-option=option:dns-server,10.56.90.33,10.56.90.1 “
      ” dhcp-leasefile=/var/lib/misc/dnsmasq.leases “

  6. dhcp-authoritative のコメントを外した

2. ルーターの DHCP 機能を OFF にする

  dnsmasq の DHCP サーバーを起動する前に、NECの無線ルーターの DHCPサーバーを 停止する。

3. dnsmasq を再起動

systemctl restart dnsmasq

  これで、あとは動作確認。

4. ログを確認

cat /var/lib/misc/dnsmasq.leases

を実行して、割り当て状況を確認する。

linux/dhcp-server-dnsmasq.txt · 最終更新: 2020/05/03 01:09 by hohog

ページ用ツール